ガス型の給湯器

私達の生活の中にある便利な道具

私達の現代社会の中においては、色々な技術革新が近代にて発生した事により、色々な便利な道具が増えてきました。 そしてそれは一般家庭の、アパートか一軒家の住宅かを問わず、その設備に付加する事で、日常生活を豊かにし、便利にする道具もたくさん作られてきました。 そして、今回の記事の題材である「ガス給湯器」」も、そんな便利な道具の1つになります。 給湯器と言えば、お湯ポットの類の小さなケトル機器を連想しがちですが、給湯器には別の形もあり、これは屋内に設置する人の背丈の3分の2ぐらいのサイズの、蛇口から水ではなくお湯が出るようにする設備機械なども指します。 そして今回の記事の題材であるガス給湯器は、ガスを利用した給湯器になります。

ガス給湯器の仕組みとは

ガスを利用した給湯器、と前述した通り、ガス給湯器というのはガスを燃焼させて、その熱エネルギーの原理を利用して、水を加熱してからお湯にして利用していく機械になります。 ガス給湯器には基本的に2種類のパターンがあります。 これは「貯湯式」と「瞬間式」の2種類です。 貯湯式とは、貯水器の中に水を供給した後に、ガスのヒーター過熱により、水をお湯にして、給湯器の中に貯湯するタイプの事です。 そして瞬間式とは、金属パイプの中に水を通し、そのパイプにガス熱を通熱させる事で瞬間的に一定温度の熱のお湯にして使うタイプの事です。 現代では、ガス給湯器以外にも電気型の給湯器の台頭により、今後の整備問題も議論され続けているのがガス給湯器などの仕組み踏まえ、ガス製品が売られなくなってきた背景込みの注視すべき部分でもあると言えます。